• この世界には、ダンジョンがある。村に、街に、郊外に。様々な場所で、多種多様な姿を見せるダンジョン。その中でも村や街にあるダンジョンは都市型と言われ、そこに暮らす人々の生活になくてはならないものとなっていた。これは、そんな数多くある都市型ダンジョンの物語の一つ。西の大国ガニクラ王国と東の大国ポリタテック帝国。その間にある荒野に点在する交易都市。その中でも最大の街として、両国の駐在武官もいる要衝地パ...
    100K
  • 2020年より世界規模で流行した感染型ウイルス。それは人々に不幸をもたらしたが、2023年の完全終息と同時に希望を置いていく。ウイルス克服により人類が覚醒し始めたのだ。覚醒した者は身体能力が飛躍する「ステータス」や、スキル・魔法といったファンタジー世界の様な力を手にした。覚醒者は未知の発掘物を求め、同時期に出現し始めた非現実的な世界「ダンジョン」にこぞって潜るようになる。そんな現代で、一人の落ち...
    80K
  • 「お前、ダンジョン配信とかやらね?」 鶏肉――特に揚げ物大好きな高校生、涼は友人のその言葉をすげなく断っていた。 涼は休日になると探索者としてダンジョンに潜り、モンスターの寝顔や、ダンジョンならではの絶景の撮影を趣味にしている。 その撮影した写真を見た友人が、何度も誘ってくるのだが興味はなく。 以前ダンジョン内で助けたことのある配信者のディアから、コカトリスの唐揚げをごちそうになったことで涼の中...
    200K
  • 弱々ダンジョン攻略配信者の『はるぴよ』。普段は大手企業で働きながら週末を利用してダンジョン配信者としてバズることを目標としているアラサーの美女(自称)である。ある日ダンジョン内である3人組を助ける。助けたのはタイムリープしてきた新選組!?歴史とか幕末とかよく知らなかったけど、カッコイイし鬼強いし、この人たちと一緒にいればダンジョン攻略も楽勝だし配信も大バズり間違いなしでしょ!……と思ってたけど、...
    50K
  • 【毎週土曜日正午更新】自称神様に強制転移されたそこは『ダンジョン』『魔物』『魔法』が常識となっている俺の知らない『ファンタジー地球』だった。「恩寵(ギフト)? 何それ? すげーチートなんだが?」自称神様からもらった『恩寵(ギフト)』というぶっ壊れ能力引っさげてファンタジー地球で成り上がるお話。 ...
    280K
  • 夏休み。実家の裏庭で穴を見つけた。入り口は直径5センチ。セミが出てきたにしては少々大きい。気になった俺はシャベルで穴を掘り返す。そして出てきたのはセミでもモグラでもない、手の平サイズのゴブリンだった。人間が潜るには余りにも小さなダンジョン。俺は偶然手に入れた召喚石でモンスターを呼び出し、ダンジョンアタックを開始した。その一方、世の中もダンジョンと召喚モンスターの存在に気付き始める。コレクター魂を...
    90K
  • 最強探索者の姉を持つ主人公は、高校入学式の開花にて史上初レベル成長限界値【1】を記録する。周りから笑われて無能探索者と言われる中、探索者になるためずっと努力してきた主人公は、初めて魔物を倒した時、特別な力に目覚める。それは誰一人できない【装備にレベルを付与する力】であった。レベルが物を言う探索者の世界で、もう無理だと思っていた主人公は、獲得した力を使い、装備にレベルを付与して、その力の真価を知る...
    90K
  • 世界中にダンジョンと呼ばれる異空間が現れてから三十年。人類はダンジョンの脅威に立ち向かうため、脳波による遠隔操作が可能な人型異空間探査機『ダンジョン・マシンドール』を開発した。これにより生身では危険かつ非効率的だったダンジョンの探査は劇的に進み、社会はダンジョンから得られる未知の物質と技術によってさらなる発展を遂げていた。そんな中、ダンジョンともマシンとも無関係な日々を送っていた高校生・萌葱蒔苗...
    240K
  • エイムに人生の全てを捧げ、世界最強のエイムゴリラとしてFPSで栄華を極めたプロゲーマーAIMは、FPS業界の衰退により金に困窮していた。AIMはその現状から脱するべくプロゲーマーを引退し、FPSが衰退するきっかけとなったダンジョンに挑んで金を稼ぐことに。そこで選んだ武器は銃や弓といったFPSおなじみの武器ではなくブーメラン。理由は銃と違って音がしないため敵に気付かれず、投げたら自分の元へ戻ってく...
    70K
  • (物語のセールスポイント)・ダンジョン探索のワクワク感・探索業のリアリティ・恋愛・ハーレム要素・青春・陰キャだけど、やるときはやる主人公・遠くから推していた子と一緒に冒険.(長いあらすじ)ダンジョン探索、スキル、ジョブが社会の一部となった2023年の地球世界にて。東路力也は、探索者3年目、17歳の若手探索者だ。彼は剣士のジョブを5歳のときに選んで以来ずっとこのジョブと共に成長してきた。もともと一...
    70K
  • Top