「自分のために吐く言葉を謝罪とは言わない」狐人族の始末屋が悪を叩く!

男主人公 120K Active
時間: 2 月 前
まとめ:

『悪党のことをヒトデナシと呼ぶだろう? おれはヒトじゃないものを処分しただけさ』人族の町に、狐人族の少年「レオン」が現れた。傍には感情が高ぶると増殖する黒猫魔族「ジェイソン」が、常に寄り添っている。孤児さながらの風貌をしたレオンに対し、心配した旅人の女「ティア」は、面倒を見てやろうと手を差し伸べた。おかげでレオンはティアを主人として慕いつつ、すくすくと育っていく。しかし無邪気だった彼も、次第に現実を思い知ることになる。狐人族は悪者を人とは見做さず、決して許しはしない。レオンは無慈悲で優しい復讐代行人、あるいは義賊として、ティアに買ってもらった鋼材を振り回し、ならず者を容赦なく成敗していく。ティアの故郷、エーテル村を目指して。※幼少期〜旅立ちまでを飛ばし、レオンが大人になってからの活躍から読みたい方は【旅の途中で】の後、まもなく始まる【嘘つきの町にて】の章からお読み下さい。…続きを読む

Top