遠い二つの物語、いつかどこかで静かにとけあう

短編 20K Active
著者: 輪給 駘
時間: 6 月 前
まとめ:

現代に生きる萱間は、歴史や武具に興味を持つ高校生の弓道部員。凛々しく弓道に優れた同級生萩に惹かれていく。古代に生きる壱師は、父に従い開墾事業に身を置くが、その困難さからたくましい開拓者に成り切れない。その上、幼馴染である恋人との別れを余儀なくされていた。遥かに時が隔たり、生きる土地・年頃のみを同じくする彼らが共に手にするものがあった。それは古代高句麗に故ある名弓だった。

Top