紀元前から続く電位治療器の歴史

そもそも電位治療器とはいったい何なのでしょう?

「電子の力で電気治療する治療器」簡単に言ってしまえばこうなります。ですが電位治療器、いえ、電子の力で築き上げてきた歴史が電位治療器には存在しているのです。その電位治療器の秘密、そして歴史を探るためにははるか古代まで遡る事になります

まずは2500年前に遡ります・・・

電子治療は2500年前から始まりギリシャのとある町医者が生物のシビレエイが放散する電気を利用して痛風などの治療をしていました。 また紀元前1世紀頃に出版されたディオスコリデという書物には、 電気を発生する魚類の説明がありこれを利用して痔や脱肛を治療する方法などが紹介されていたのです。

日・米で医学的使用が始まる

電気の力は、まさしく自然界のものでありそして、電気刺激によって病気が治っていくということを古代人たちは知っていたのですね。 その後1700年代日米において本格的な医学的使用が試みられるようになります。

エレキテルの発明

そして日本では電気によって血液の状態を改善し治療する発明装置「エレキテル」が発明されました。 皆さんも一度は聞いたこともあるでしょう。エレキテルの発明者、それは蘭学や薬学、 そして同時に発明家でもあった平賀源内その人なのです。

電位治療器開発に4人の博士が立ち上がる!

その後1800年代において、今現在も低周波治療器と呼ばれている電位治療器が初めて製作されました。 ですが電気はなぜ効くのかということが科学的に証明されていなかったため西洋医学からは相手にされませんでした。医学の現場では長い間使われず電子治療は日本から忘れ去られたかに見えましたが、 電子治療の科学的根拠を立証するため4人の博士が立ち上がり高圧電界が人間の自律神経、 特に副交感神経の作用を調整することを明らかにし、 ストレスによる様々な障害を改善できるという事を証明したのです。

ヘルストロンの完成☆

そして1900年代、白寿生科学研究所の創始者でもあり博士でもあった原敏之氏が、当時日本初の高圧電位治療器「ヘルストロン」を完成させたのでした。現在も発展し続ける電位治療器。この博士達の力がなければ、現在厚生労働省によって治療用機器として認められる電位治療器は、 存在することはなかったでしょう。

そして現在…

こうして日本初の電位治療器ヘルストロンから派生するかのように、 パワーヘルスやコスモドクターなどといった電位治療器たちが開発されその存在は、 日本のみならず世界中に渡り、世界中の人たちに電位治療器は愛されるようになったのです。

パワーヘルス年表

昭和53年1月 パワーヘルス販売元である株式会社ヘルス設立。
生体電子・医療機器・マイナスイオン・療法として世界でも初めて開発。
昭和56年10月 初めての機種、パワーヘルス5500が製造・販売される。
昭和59年9月 パワーヘルス3500が製造・販売される。
昭和60年7月 パワーヘルス9000が製造・販売される。
平成2年4月 パワーヘルス4500B・パワーヘルス6500が製造・販売される。
平成9年2月 発明特許を取得。(特許番号 2609574号)
これが今日の生体電子と呼ばれている。

特許取得後、薬事法の改正などもあり、商品の色は茶色から金色に変更。
タイマーが60分までに変更。
平成13年2月 パワーヘルス13000が製造・販売される。
金色に変更になってからの出荷はこの機種が初めて。
平成14年6月 パワーヘルス5000・パワーヘルス7000が製造・販売される。
平成16年4月 パワーヘルス14000・パワーヘルス10000が製造・販売される。
平成17年4月 第二種医療機器製造販売業許可取得。(許可番号13B2X90013に変更)
平成18年4月 パワーヘルス5000A・14000A・10000A・7000Aが製造・販売される。
平成22年12月 パワーヘルス14000Bが製造・販売される。
(認証番号 222AKBZX00086000)
パワーヘルス11500Bが製造・販売される。
(認証番号 222AKBZX00129000)
パワーヘルス9000Bが製造・販売される。
(認証番号 222AKBZX00130000)

お電話でのお問合せはフリーダイヤル0120-117-900。携帯・PHSからもOK。営業時間10:00~19:00。年中無休。
  • メールでのお問合せ
  • FAXでのお問合せ
  • カタログ請求

機種の説明を詳しく見る

ショールーム一覧

  • プロのスタッフが徹底サポート
  • 人気商品がメーカー価格の80~20%OFF
  • 安心の10年保証
  • 送料無料
  • 後払いOK